白い壁の綺麗な テラスハウスの我が家

高台にある白い壁の家で、風通し良く住み心地の良い建物でした。
家の前には6畳程の庭に木々がセンス良く植えてあり、戸建てとなんら変わらない感じで、
家族みんなも、とても気に入っていました。

玄関先3メートルに下る階段があり、下には道路があります。
道路から建物を見上げると、何か特別な洋風建物の雰囲気があり好きでした。

お友達が遊びに来た時、階段の段数が少なく、鋭角な回り階段になっていて、
思わず、「小さい子には怖いね」と言ってました。

実は私も、引っ越して住んでみてから、そう感じていたんです。

大家さんに聞いてみると、「横に長い5棟続きの家なので、(テラスハウス)そうなってしまった」との事でした。

でも他に良い所が沢山有り、我が家に事件が起こるまでは、
気にしてはいませんでした。

ある土曜日の晴れの日、
息子と親子3人で庭に出て遊んでいました。

庭に芝生が植えてあり綺麗に刈りこまれていて、
とても気持ちよく、2歳半になる息子は裸足ではしゃいでいました。

家では猫を飼っていて息子とかけずりまわり遊んでいたその時、
猫を追いかけ走り回っていた息子が、コンクリートの階段に頭から落ち行き、
鋭角なまわりかいだんのところで、危うく引っ掛かって留まっていました。

私はギャーッと叫びながら、心臓が止まる思いで息子を抱き上げ顔を覗き込みました。

息子は一瞬何が起ったのか分からないといった感じで、
私の顔を見て急に泣き始め何事も無かったことを知らせてくれました。

その時のことは、私達家族にとっては、忘れられない思い出でも有り、
いい教訓になりました。

今では息子もスクスクと育ち、
当時のことは覚えてないそうです。

Categories: nocategory