晴れの日と褻(け)の日

友達とたまにおいしいものを食べに行ってよく話すのが、「レストランで5千円払うのはアリと思うのに、スーパーで5千円の牛肉を買うなんてムリ。…と感じるのはなぜだろう」です。

(いや、これすごくおいしいね。嬉しい。というのも話しますが)やはりスーパーの特売をチェックして買うのが普通だった家庭に育ったからでしょうか。

「でもそれで奮発して買って帰った牛肉をおいしく料理できなかった日には立ち直れなくなりそうです」「確かに」。でも可能性としては今ひとつと感じるレストランもあり得るわけです。

そのときは立ち直れなくなるまでにはならないと思います。これは民俗学者柳田國男先生いわくのハレの日とケの日の区別が自分の中に存在するからなのでしょうか(大げさな)。

Categories: nocategory