サクラに因んで(ちなんで)

学校の桜や川沿いの桜に桜の木を好んで植林しているのかと疑問に思い調べたところによると、古代より春になると満開の花を咲かせることから生命力の象徴として好んだというのが植林の理由のようです。

ちょっと時期は過ぎましたが、まだ近所には花びらのついている桜の木も残っていて、その花びらが散っていくのを見ていると日頃の疲れを癒されるようです。

国内で軍国主義が高まり、生命の終わりや不景気を「サクラチル」なんて表現していた時期もあるようですが、事の終わりが何事にも来ることは理解しながら、あまりにむなしい言葉ゆえにこの言葉自体が禁忌になっているように感じます。

ただ人間も桜も頑張ってばかりいられないのです。

感情を二分するような桜のイメージですが、今国内では国際化が大いに進み、世界の相当数の人がサクラが日本の花だと認知しているように感じます。

歴史ある趣に何も知識がなくともたくさんの知識があってもホッとさせる格差のなさが今世界に誇れるところなのだろうなあ、としみじみ感じます。

Categories: nocategory